小顔も美顔もスリムビューティハウスのフェイシャルエステで解決

スリムビューティハウスは、その名前に「スリム」とあることからも、どうしても「痩身が得意なエステサロン」のイメージを持っている人も多いかもしれません。

 

実は、フェイシャルでも充実したメニューが用意されています。

 

このフェイシャルも痩身のメニュー同様に、東洋美容を元にした独自のものです。もちろん、効果も高いです。

 

・オリエンタルエステとは

 

スリムビューティハウスのほかのエステサロンとの最大の違いは、スリムビューティハウスがオリエンタルエステ(東洋美容)によるケアを実施していることです。

 

オリエンタルエステとでは、東洋医学にも通じる方法を採用しています。人間が本来持っている美しくなろうとする力を蘇らせることで、美容面のトラブルも解消していきます。

 

スリムビューティハウスの起源は鍼灸治療院であること考えれば、よそとは違うアプローチをとるのも納得ですね。

 

フェイシャルの問題でも、むくみ、タルミ、シワ、小顔などはもちろんのこと、ほうれい線までケアのターゲットにしています。

 

・よくばり美顔コースのメニュー

 

フェイシャルのコースとしては、基本となる「よくばり美顔コース」と、美肌・エイジングケアを目的にした「プレミアム・ラディアンスC<美巡限定>」の2つがあります。

 

初めての人は、「よくばり美顔コース」から始めてみましょう。「よくばり」と名前が付いているだけあって、小顔、毛穴の引き締め、シミ・くすみ対策などなど、ほとんどのお肌のトラブルに対応しています。

 

初めての場合は、カウンセリングから始まります。ここでお肌のチェックをし、またお客様のリクエストを聞き、この日の細かいメニューの内容を決めます。

 

実際のケアの最初は「ディープクレンジング」です。イオン吸着効果のあるクレンジングウォーターを使い、毛穴の奥まできれいにします。

 

次が、「顔筋トリートメント」です。主に小顔に効果があります。

 

さらに、シミ・くすみの対策になる「RD美肌パック」、お肌の悩みの種類に合わせて使う光の種類を変える「光エステ」、25種類もの美肌エキスを使った「濃密パック」と続きます。

 

また、空気圧で脚のむくみをとる「ドクターメドマー」か、おなか部分の血液やリンパの流れをケアする「腹部カッピング」のどちらかが、このパックと同時に行われます。

 

フェイスだけではなくボディまでケアできるのです。

 

ケアの最後は保湿です。たっぷりのローションが施されます。コンディションの良くなったお肌がしっかりと吸収してくれるはずです。

 

・顔筋トリートメントとは

 

これらのケアの中で最も特徴のあるものといえば、なんといっても「顔筋トリートメント」でしょう。

 

顔には表情筋など30種類以上もの筋肉があります。これをほぐすことで、リフトアップ、むくみ解消などにつながります。

 

顔の中のリンパや血液の流れ、ツボの位置などをしっかり把握した上でのトリートメントです。「さすがオリエンタルエステ」といったところです。

 

 

また、ケアの後に「ビューティアップアドバイス」というカンセリングがもう一度あるのも、スリムビューティハウスの特徴です。

 

ここでは食事や運動に関してまでアドバイスがもらえます。やはり東洋美容の考え方から、スリムビューティハウスでは、日ごろの生活への注意も、美しくなるためには欠かせない要素と考えているのです。