自宅で出来るフェイシャルエステとサロンとの違いとは

最近は自宅でもエステサロンと同じような本格的なフェイシャルケアが実感できるという商品が販売されており、多くの女性から注目されています。
わざわざサロンに通わなくても自宅でフェイシャルエステができるならとても便利だと思う方が多いですが、やはり自宅とサロンでのケアには違いがあります。

 

一番大きな違いはご自身の肌質に合ったケアができるか否かという点です。
例えば自宅で簡単に使えるスチーマーとエステサロンでのイオンスチーマーを使った場合のケアで比較してみましょう。
スチーマーは毛穴に詰まった汚れを浮き上がらせて肌に与えるダメージも極力少ないスキンケアを実現できます。
自宅でもエステサロンでも基本的に目的は同じなので、毛穴の汚れに関してはすっきりと落とすことができるかもしれません。
問題になるのはその後のケアです。
蒸気によって毛穴が開いた状態になっているのでしっかりと引き締めなければいけませんが、自宅の場合はきちんとケアができていない傾向があり毛穴が開いたままの状態で過ごすケースが多いです。

 

せっかく毛穴がキレイになっても、開きっぱなしの毛穴ではダメージを受けやすくなってしまいます。
サロンではプロのエステティシャンがきちんとアフターケアをしてくれますし、自宅でのホームケアについてもアドバイスしてくれます。

 

このように自宅とサロンの大きな違いとなるのが、自分の肌質を見極めて正しいスキンケアができるかどうかという点です。
美容のプロから適切なアドバイスを受けながら正しいケアを続けられるメリットはとても大きいといえます。